コラーゲンの過剰摂取

コラーゲンを摂取すると美容に良いのは間違いありませんが、かといってとにかく沢山摂取すれば良いというものではありません。コラーゲンはたんぱく質の一種で、たんぱく質は肝臓で分解され体に送られます。
ですので、たんぱく質を沢山摂る事で肝臓には大きな負担となってしまいますので、過剰摂取には気を付けなければなりません。例で言うとお酒も同じで適量を飲むだけならば、健康な肝臓だと負担もなくしっかり分解してくれますが、毎日沢山お酒を飲むと肝硬変などの肝臓病に繋がる事も考えられます。
ですので、いくら肌に良いコラーゲンとは言え過剰に摂取する事は避けましょう。また肝臓以外にも過剰摂取によりセルライト(皮下脂肪)が付く可能性も無いわけではありません。これだけ聞くとコラーゲンを摂取する事が怖いと思ってしまう方もおられると思いますが、ただそれほど敏感にな過ぎる必要は無く、前項目で一日の目安は5gと書きましたが、その倍以上を毎日摂取し続けたりするくらいの明らかに極端な摂取量でない限り問題は無いと言われてます。
調整の仕方としては今日は沢山お肉を食べたから、天使のララは一袋にしておこうだったり、今日はお肉や魚をほとんど食べてないので天使のララを二袋使おうなど、その日食べる物や食べたもので調整するようにしましょう。