コラーゲンによって病気を悪化させる

天使のララに限ったことではないのですが、何かしら疾患をお持ちの方がコラーゲンを摂取する事で悪化させてしまう可能性があります。例を挙げると腎臓の疾患は食事療法として、低たんぱく質、低塩分、高炭水化物の食べ物が必要で、コラーゲンを摂取する事は真逆の食事と摂っているというわけです。
腎臓以外にも肝臓疾患をお持ちの場合も危険で、急性肝炎・慢性肝炎・肝硬変などを患っている方は天使のララを含めコラーゲンを摂る事を控えましょう。もちろん何かしら疾患をお持ちの場合は医療機関で食事に対して医師の指示を受けてるたりするとは思うので、そういった方は自主的に控えているとは思うのですが、コラーゲンがたんぱく質とは知らない方もおられる様なので注意してください。
基本的に何かしら疾患をお持ちの方は、健康食品やサプリメントを使用する前に医師に相談する事が大切で、自分の病気には関係ないと思っていても思わぬ落とし穴が潜んでいる事も十分に考えられます。コラーゲンは体に必要とは言っても、自分の体調や、体質によって少なからず危険を及ぼす可能性がある事も知っておいて損はないでしょう。その他にもアレルギー体質の方はコラーゲンを多く摂取する事で、ぜんそくや湿疹が出る事もあるようですので、摂取して異常を感じたらすぐに医療機関に相談するようにしましょう。